「仕事はスマホですんでたのに…」出社したくないリモートワーカーたちの遠吠え

「仕事はスマホですんでたのに…」出社したくないリモートワーカーたちの遠吠え

「仕事はスマホですんでたのに…」出社したくないリモートワーカーたちの遠吠えの画像

新型コロナウイルスの新規感染者が減り、リモート体制から出社に切り替わるなど、以前のような日常が戻りつつある。一方、「アフターコロナ」の到来を不安視する声も上がっている。

◆副業をする時間がなくなって収入減

 関西地方の中堅広告代理店勤務・中嶋りささん(仮名・30代)も、アフターコロナの日常に不安を抱える一人。

「コロナ禍で仕事量が減り、残業代がもらえずに生活が厳しくなりました。だから、若手社員のほとんどが、何かしらの副業をこっそりやっていたんです。お互いに大っぴらにいうことはありませんが、“仕方ないよね”という暗黙の了解がある」(中嶋さん、以下同)

 給料と副業の収入を合わせれば、むしろ年収は少し増えた。ところが、感染者数が減り、多くの人々がコロナ前のような生活スタイルに戻りつつあるなかで、業務量も以前の水準に。

◆社員たちはアフターコロナを歓迎していない

 それは一見、喜ばしいことにも思えるが……。

「これまで通り、あるいはそれ以上に仕事をしても、コロナ禍のマイナス分があるために、以前と同じような収入が保証されない。副業をする時間もなくなり、困り果てています」

 もっとも、中嶋さんの会社では基本的には「副業」が禁止されていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)