デリバリー配達員がオススメする自転車用品。ランプ、スマホホルダー、イヤホンetc.

デリバリー配達員がオススメする自転車用品。ランプ、スマホホルダー、イヤホンetc.

都心部で活動するデリバリー配達歴2年のOさんに話を伺ってみた

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

◆自転車の販売市場は過去最高額に

 国土交通省による2019年の調査では、自転車の保有台数は約6870万台と乗用車の保有台数とほぼ同等の状況だ。この状況に加え、コロナやデリバリーサービスが後押しした結果、帝国データバンクの調査によると自転車の販売市場は2020年に2100億円を超え、過去最高となっている。

 感染リスクの低い移動手段としてだけでなく、運動不足やストレスの解消、賃金不足による交通費やガソリン代の節約など自転車に乗り換える理由は人それぞれだが、電動アシスト自転車やスポーツ自転車のニーズが多く、購入しないまでもシェアサイクルなどのレンタル自転車を利用する人も増加してきている。

 自転車が増加した結果、自転車事故も頻発するようになった。特に、無灯火や自転車に乗りながらのスマホ操作、イヤホンやヘッドホンをしたままの運転など。

 自転車用品は実店舗や通販と、様々なアイテムが販売されているが、今回はデリバリー配達員に話を聞く事が出来たので、愛用しているアイテムを紹介していこう。

 コロナで収入減になり、昨年からデリバリーを副業として始めたという彼が最もオススメするのはライト関係だという。注文が殺到する夕方からの時間帯は灯火、無灯火車両が混在する時間帯。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)