無料券も速攻で捨てる鈍感夫を変えた、2丁拳銃・川谷×野々村友紀子夫婦のマネー戦略

無料券も速攻で捨てる鈍感夫を変えた、2丁拳銃・川谷×野々村友紀子夫婦のマネー戦略

<2丁拳銃・川谷修士×野々村友紀子> 無料券や大量のマイルを期限切れにして無駄にする川谷氏。そんな夫に、絵や表を作って妻がレクチャーすることも

お笑いコンビ「2丁拳銃」の川谷修士さんと、その妻で放送作家の野々村友紀子さん。芸能界の荒波とコロナ不況を乗り越えるべく、夫婦で力を合わせる共働き夫婦だ。最近では妻の野々村さんのほうをメディアで見かける機会が増えた気がするが……夫婦のお金事情はどうなっているのか? 話題の共働き夫婦のマネー戦略を聞いてみた。

◆<対談>2丁拳銃・川谷修士×野々村友紀子

野々村:ウチら夫婦は、結婚してからずっと、どちらかが大黒柱っていうより“その時々で稼いでいるほうが大黒柱”として、入れ替わる感じなんですよね。

川谷:「2本の(収入の)柱」という感じでね。それがコロナ禍で舞台や営業の仕事が一気に吹っ飛んで、僕のほうが……。

野々村:もう折れかけとったな、柱。でも、結婚して20年、もともと芸人と放送作家という不安定な職業やから「どちらかが働けなくなっても生きていけるように」ってことばかり考えてきましたね。

川谷:今は妻のほうが仕事が多いので、僕はフォローに回ってますよ。僕は出ないのにテレビ局に車で送っていったり(笑)。だから「男は外で稼いで、女は家を守って」とか、そんな古くさいことは一切考えなくなりましたね。「僕ももっとちゃんとしないといけない」と思うようになった。

◆まったく家計に興味がなかった

野々村:昔はひどかったもんな。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)