YOASOBIの仕掛け人が語る、ヒットアーティストの生み出し方

YOASOBIの仕掛け人が語る、ヒットアーティストの生み出し方

YOASOBIのメンバー。左からボーカルのikura、コンポーザーのAyase。それぞれ個人で活動する姿を“昼の姿”、2人で共に活動する姿を“夜の姿”になぞられ、遊び心に満ちた挑戦をしていきたいという想いから「YOASOBI」と名付けられた

CDが売れないと言われる時代、世に羽ばたいていく音楽アーティストは“ネット”から生まれると言っても過言ではない。

 胸に響くメロディや歌詞、観るものを魅了する独特の世界観……。こうした人の心の琴線に触れる音楽が、ふとしたきっかけでSNSで広まり、思いも寄らぬ形で世に知れ渡っていく。

 そんななか、彗星のように突如として音楽シーンへ現れたのが「YOASOBI」だ。2019年10月に結成し、1ヶ月後に第一弾楽曲「夜に駆ける」のMVをYouTubeで公開したところ、瞬く間に話題となる。以後もさまざまな音楽チャートを席巻し、第一弾楽曲発表から1年でNHK紅白歌合戦の出場を果たすなど、驚異的なスピードで駆け上がった新進気鋭のアーティストとして知られている。

 2021年12月に公開のBillboard JAPANチャートでは、「夜に駆ける」がストリーミングの累計再生回数7億回を突破するなど、今なお快進撃を続けているのだ。なぜ、これほどまでにYOASOBIは短期間にヒットアーティストへと成長したのか。

「YOASOBIプロジェクト」を立ち上げたソニー・ミュージックエンタテインメント(以下 SME)の山本秀哉さんと屋代陽平さんに、YOASOBIが誕生した背景や次世代アーティストの未来について話を聞いた。

◆「小説を音楽にする」企画は何気ない雑談から始まった

 屋代さんは、2017年よりサービスを開始した小説投稿サイト「monogatary.com」の立ち上げから携わり、サービスの運営企画を行っている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)