令和のバズ女王・高嶺ヒナ。SNSのインプレッションは最高4000万以上、不思議な吸引力の源泉とは

令和のバズ女王・高嶺ヒナ。SNSのインプレッションは最高4000万以上、不思議な吸引力の源泉とは

令和のバズ女王・高嶺ヒナ。SNSのインプレッションは最高4000万以上、不思議な吸引力の源泉とはの画像

ツイッターにコスプレ写真を投稿するたびに、バズの嵐が巻き起こる。大人気楽曲、Adoの「うっせぇわ」のMVキャラクターのコスプレには25万人以上が反応した。

 そして真価をさらに発揮するのは、ドールやアンドロイドを模した創作作品。人形のような無機質さと退廃的な世界観は、現実と幻想の境界線を曖昧にし、目をそらすことのできない不思議な吸引力を持つ。本人が語る、その源泉とは……?

◆私の理想を体現した完全なる偶像美、それが高嶺ヒナ

──SNSでの投稿作品は、他にはないインパクトがありますね。

高嶺:私にとって“高嶺ヒナ”は自分自身の理想を体現した偶像なんです。理想とは、豪奢なドレスも違和感なく着こなす顔とスタイルを持ち、誰もが憧れる高嶺の花。清廉潔白で、絶対に病んだり弱音を吐いたりしない鋼のメンタルを持つ最強の女。360度どこから見ても完璧な存在……だから写真の加工も含めた作品が“高嶺ヒナ”であって、生身の私は高嶺ヒナに擬態した、限りなく高嶺ヒナに近いだけの存在なんです。

──高嶺ヒナの“中の人”はどんな半生を送ってきたのでしょうか。

高嶺:まず私は「少女的なもの」をロリータ、服のジャンルをロリィタと区別して呼んでいるのですが、子供の頃からフリフリのついたロリィタ服が大好きで、そのイラストを描くのも大好きでした。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)