石田ゆり子が日本一売れているアラフィフ女優である理由。出演作から読み解く

石田ゆり子が日本一売れているアラフィフ女優である理由。出演作から読み解く

『妻、小学生になる』公式ホームページより

◆品格と風格を備えつつも初々しい

 女優の石田ゆり子(52)が相変わらず売れっ子だ。昨年はTBS『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』など2本の連続ドラマに準主役級で出演し、吉永小百合(76)が主演した映画『いのちの停車場』にも登場した。

 今月21日から始まるTBSの連ドラ『妻、小学生になる。』(金曜午後10時)にも準主演級で登場する。演じる女性は10年前に交通事故で他界したものの、夫(堤真一)と愛娘(蒔田彩珠)がその死を嘆き悲しみ続けるため、小学生(毎田暖乃)に生まれ変わって帰ってくる。大切な人を失った経験のある人はホロリとしそうなホームドラマだ。

 なぜ石田は売れているのか。それは第一に石田しかハマらない役が多いからにほかならない。石田は50代らしい品位と風格を備えているものの、それでいて初々しさを失っておらず、清潔感に満ち、かわいらしいところもある。希有な存在だ。

◆都知事役でも“らしさ”を失わない

『TOKYO MER』では手術室付きの緊急車両を持つ救命救急医療チームを立ち上げた都知事の赤塚梓に扮した。普段は指導力のある凛とした政治家なのだが、都民の命が救われるたび、1人秘かにキャッキャと飛び上がって喜んだ。都知事役がサマになる上、無邪気にはしゃぐ姿も似合う50代の女優はほかに思い浮かばない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)