予測通り発生し、予測を超える規模となるオミクロン株の第6波

予測通り発生し、予測を超える規模となるオミクロン株の第6波

写真はイメージです

―[コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」]―

◆世界で猛威を振るうο(オミクロン)株Surge

 2021年11月24日に配信した拙稿「コロナ第6波はすでに始まっていた!統計から導かれる事実 | 日刊SPA!」および11/15放送の文化放送、大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインディッシュ」にて、筆者は「極大期がδ株の再燃であるか、新たな変異株によるものかは執筆時点でデータが無く不明であるが、既に本邦ではδ株Surgeの再燃によって第6波エピデミックSurge(うねり、波)が始まっており、その極大期は1月下旬から2月である。但し、極大期の規模は分からない。ワクチン接種率と接種後の経過時間を考えると恐らくδ株Surge程にはならないのではないか。」と本邦における第6波エピデミックSurgeを予測しました。

 その後、11月中には一旦第6波エピデミックSurgeの拡大が鈍りましたが、11月末から再度拡大に転じ、12月には全国で第6波エピデミックSurgeの拡大が特に人口の多い都道府県で見え始めました。

 この時点では、主たる地位を占める(ドミナント)株は、統計の挙動からδ株またはその変異株であったと考えられます。

 奇しくも拙稿の発表日である11/24に、南アフリカ共和国(南ア)から、極めて憂慮すべき新たな変異株の発見が報告され、世界保険機関(WHO)は、直ちに緊急会合を開き、この新たな変異株をο株(オミクロン株)と命名、懸念すべき変異株(VOC)としました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)