なぜ日本政府は、米軍基地からコロナ感染者続出でも物言うことすらできないのか?

本当は、平成元年12月29日に日本証券取引所の株価が史上最高額の3万8915円を記録し、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と呼ばれた時代に、日本人はその富に等しい誇りと品格を持たなければいけなかった。エコノミックアニマルとしての家畜から文明人にならなければいけなかった。しかし、そこでギアチェンジができなかったために未だに家畜人なのです。家畜でいれば、ご主人さまに餌を与えられると思いこみ、惰眠を貪っている。それが日本転落の一番の原因です。

―― 政治家にとって、米国と仲良くしておくとどんな得があるんでしょう?

福島 私が官僚として経産省にいた時、いわゆる年次改革要望書の作成に携わっていました。実はあれは日本人が書いています。米国は日本のマーケットにそれほど興味はない。むしろ日本が米国に振り向いてもらうためにリストを作っていたというのが実態で、日本の総理が訪米する時に携える朝貢リストなのです。その作成を手伝っていたので、おそらく当時米国人たちは私を親米派だと思っていたでしょう。だから私が2009年に国会議員に初当選したときには、私の好きなカリフォルニアワインが当選祝いとして議員会館に届きました。その後も大使館に特別のブリーフィングに呼ばれたりして、親しく付き合っていました。しかし、TPP反対を表明すると、米国大使館の友人がこう忠告に来たのです。「福島さん、TPPに反対したら反米的な人物だと思われます」「日本では反米のレッテルを貼られたら生きていけません」と。

関連記事(外部サイト)