1万円中古スマホ市場、3G回線終了でにわかに活況? おすすめの型落ちモデルは

1万円中古スマホ市場、3G回線終了でにわかに活況? おすすめの型落ちモデルは

ガラケー、1万円スマホが中古ショップの売れ筋

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

◆3G回線が続々終了

 約20年近く提供が続いた第3世代の通信規格「3rd Generation」??通称3G回線も2022年3月31日にauでのサービス提供が終わり、2024年1月にはソフトバンク、2026年にはドコモで3Gの終わりが告知されています。

 世の中はすでにスマートフォン一択の時代となっており、今さらガラケー? と思う人もいるかも知れませんが、バッテリーの持ちがよく、物理キーでボタンが押しやすい、電話やメールに特化していることもあり、あえてガラケーを愛用している人も一定数存在しています。

 そんなガラケーも前述したとおり、4G対応ガラケーなら3G停波後も使えるのですが、ガラケー終了という言葉だけ独り歩きしているようで、すべてのガラケーが使えなくなると思っている人もいるようです。

◆秋葉原の中古市場をのぞいてみた

 さて、秋葉原の中古携帯電話・スマートホンの状況はというと、3G回線停波による影響がわずかながらあるようで、4G対応のガラケーやAndroidガラケーの売上げが伸びているようです。

「やはり仕事用の連絡手段は従来のガラケーで」と思う企業が多いのか、4G対応ガラケーの法人購入も盛んに起きているようです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)