映画『俺たちに明日はない』の原題は?センスが光る“映画の邦題”を掘り起こす

映画『俺たちに明日はない』の原題は?センスが光る“映画の邦題”を掘り起こす

映画『俺たちに明日はない』の原題は?センスが光る“映画の邦題”を掘り起こすの画像

洋画のタイトルは、日本語に直訳したものから、原題をそのままカタカナ表記にしたもの、そして原題とはまったく異なる邦題がつけられたりと様々である。改めて掘り起こすと意外な発見や楽しさがあることは、フジテレビの伝説的深夜番組を企画してきた金光修氏の著書『あの頃、VANとキャロルとハイセイコーと…since 1965』からもわかる。

 60年代以降のカルチャーを縦横に語った同書から、一部を抜粋して転載する。

◆センスある邦題は想像力が掻き立てられる

 映画のタイトルは、カタカナより日本語のほうがぴんとくる。ヒッチコック監督の“REAR WINDOW”には「裏窓」、ワイルダー監督の“THE APARTMENT”には「アパートの鍵貸します」という邦題がついている。このおかげで、内容への想像力が掻き立てられ、親しみやすい作品としての印象が残る。しかし、00年代のメジャー映画のタイトルは、『タイタニック』『アルマゲドン』『グラディエーター』と原題をそのままカタカナにすることが多くなってきた。これを青少年の英語力向上と喜ぶことなのか、日本語の商標価値が低下したと嘆くべきか難しいところだ。

 かつてはオードリー・ヘップバーンの“SABRINA”を『麗しのサブリナ』としたり、マックイーンの“LE MANS”を『栄光のル・マン』にしたように、原題にちょっとした日本語の形容句を付け加え、タイトルを作品のイメージに近いものにする方法がとられた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)