なぜ綾瀬はるかは視聴率を稼ぐのか。稼げない女優との違いと世間の誤解

なぜ綾瀬はるかは視聴率を稼ぐのか。稼げない女優との違いと世間の誤解

公式ホームページより

◆視聴率を取りやすい女優・No.1

 ドラマの良し悪しを決めるのは1に脚本、2に役者、3に演出。国内外を問わず古くからの常識である。だからドラマがコケたとき、役者にばかり責任を押し付けるのは酷なのだ。もっとも、視聴率を獲りやすい女優がいるのは事実。「同じ脚本と演出なら、この人が演じたほうが視聴者に歓迎される」といった存在である。

 現時点でそのナンバーワンは綾瀬はるか(37)に違いない。4月期はフジテレビの連続ドラマ『元彼の遺言状』(11日スタート、月曜午後9時)に主演する。1年3カ月ぶりの連ドラとなる。

 綾瀬の人気はどれくらいあるのか、改めて確認しておきたい。4日に発表された「タレントイメージ調査」(ビデオリサーチ)では女性部門のトップ。この調査は好感度ランキングの中で断トツの信頼を誇り、スポンサーや広告代理店がCMキャラクターを決める際の指標に使っている。綾瀬は目下のところ2連覇中。通算で11回もトップを獲っている。

 綾瀬が契約中のCM数は8本。より数多く契約している女優もいるが、CM女王と呼べるのは綾瀬だ。クライアントがパナソニックや日本生命、ユニクロなど日本を代表する企業ばかりであるうえ、契約金も女優ではトップクラス(推定5000万円前後)だからである。契約金の合計額もトップに違いない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)