なかやまきんに君の“筋肉留学”孤独な時期も…アメリカでネタ作りより優先したもの

なかやまきんに君の“筋肉留学”孤独な時期も…アメリカでネタ作りより優先したもの

なかやまきんに君Instagramより

元祖・筋肉芸人のなかやまきんに君。筋トレやダイエットにフォーカスしたYouTubeの登録者数は現在158万人を超え、今や押しも押されもせぬ人気芸人だ。

昨年末の吉本興業退所後もその勢いは衰えることなく、CMやテレビで見かけない日はないほど。さらにオンラインフィットネスやプロテイン、アパレルのプロデュースも手掛ける多才ぶりだ。

今回のインタビューでは、きんに君の将来的な目標でもあるという「海外進出」について話を聞いた。

◆レイザーラモンHGの出現で仕事がなくなった過去

――NSCの頃からの夢だった海外挑戦を大きな目標に掲げていますが、2006年10月から2011年2月にかけて筋肉留学をした経験があります。28歳での決断でしたが、どうして筋肉留学をしようと思ったのでしょうか。

なかやまきんに君(以下、きんに君):僕は20歳ぐらいでテレビに出させていただいたので、当時、すでに8年が経っていました。多くの視聴者さんが僕のことを知っていて、「また筋肉ネタですか」と思われてしまうような時期でした。そんなときにレイザーラモンHGさんがハードゲイという強烈なキャラでバーッ! と出てきて、仕事が全部そっちに行ったんですよ。

それで脅威を感じたというか、このままだと未来がないだろうなというのがあったので、次に新しいことをしなければいけないというのが1個ありました。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)