年収400万円世帯に子育ては無理?支援制度が意外と多くてびっくり

年収400万円世帯に子育ては無理?支援制度が意外と多くてびっくり

写真はイメージです

「年収600万円はないと結婚、ましてや子育てなんてできっこない!」そんな言説がネットニュースなどで散見されるが、本当だろうか?世の中には世帯年収400万円で幸せな家庭を築き、子育てをしている家族も少なくない。今回はファイナンシャルプランナーに子育て世帯への支援について解説してもらった。

◆少子化対策で子育て世帯への支援が充実

 文科省のデータによれば、子ども1人が大学卒業までにかかる学費は国公立で約1000万円。その数字で「年収400万円世帯に子育ては無理」と考えるのは早計だ。「近年は、少子化対策で子育て世帯への支援が格段に充実しています」と語るのはファイナンシャルプランナーの柳澤美由紀氏。そこで、年収400万円世帯が利用できるサポートを聞いてみた。

「まず、児童手当は中学生まで毎月1万〜1万5000円支給されます。高校の授業料も、世帯年収400万円台だと、国公立校の場合は実質無料。私立校も、年間39万6000円まで支給されます」

 そのほか、安価に使える子育てサポートも増えつつあるという。

「幼児を預かる預かり保育や放課後児童クラブ(学童保育)のほか、自治体によっては1時間1000円以下で利用できる送迎や短時間子どもを預かるファミリーサポートなど支援も拡充しています」

◆自治体のサポートも見逃せない

 共働きで所得が低いほど利用しやすいため、400万円台の共働き世帯ならばかなり有利だ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)