ダイソーの100円充電池の実力は? パナソニック製エネループ(300円)と比較した

ダイソーの100円充電池の実力は? パナソニック製エネループ(300円)と比較した

ほとんどの店舗でレジ前に電池コーナーが設置されている

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

100円ショップ業界最大手の「ダイソー」。2022年4月現在、国内店舗数は3620店舗あり、もはや日本国内では知らない人はいないといっても過言ではありません。

現在、ダイソーで売られている商品の点数は7万点以上。毎月、800品近くのアイテムが新商品として登場しているそうです。

◆100均の安売り電池に注目が集まる

そんなダイソーですが、やはり気になるアイテムといえば「乾電池」。

最近では、大容量モバイルバッテリーや大容量ポータブル電源などが比較的安価で販売されており、車中泊や災害時の備蓄アイテムとしても人気を集めています。幸いにもダイソーでは、乾電池を豊富に取り扱っており、大型懐中電灯やラジオなどで使われる「単1電池」を始め、リモコンなどで使われる「単4電池」も多数の製品がラインアップされています。

また、使い捨てのアルカリ乾電池やマンガン乾電池だけでなく、充電式のニッケル水素電池も販売されています。前回、アルカリ乾電池について調べてみましたので今回は、充電式ニッケル水素電池について調べてみたいと思います。

◆充電池も充電器も100円で買える

ダイソーで現在購入できる充電池は、単3形と単4形。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)