中咽頭がんになったワッキーが語る闘病生活「毎日のように吐き気と闘っていた」

中咽頭がんになったワッキーが語る闘病生活「毎日のように吐き気と闘っていた」

中咽頭がんになったワッキーが語る闘病生活「毎日のように吐き気と闘っていた」の画像

これまで我々が正しいと信じていた健康習慣の中には、実は体を害する危ない行為が存在する。健康になるつもりが、かえって不健康になる日常の意外な習慣とは?昨年、中咽頭がんであることを公表したお笑い芸人「ペナルティ」のワッキーに闘病生活とその後の生活についてインタビューしてきた。

◆自分の体を鏡でチェックしていたら…

 ’20年6月、中咽頭がんであることを公表したお笑い芸人「ペナルティ」のワッキー。お笑い界随一のスポーツマンで、生活習慣も健全だったというワッキーが、なぜがんになってしまったのか。復帰した今、読者に伝えたいこととは。

「発見したのは、ほんと些細なことで。マッチョ芸人なんで、自分の体を鏡でチェックするのが好きなんですけど、グッと伸びをしながら首回りを見たときに、左側に小さなしこりができているのに気づいて。痛みもなかったので、『もともとあったのかな?』くらいの認識だったんですけど、1週間後触ったら近くにもう一つ増えていたので不安になって、大学病院で検査してもらったんです。

 そしたら、先生から『がんです』と。パワーワードすぎて、その後の話をほとんど覚えていないですね」

◆もう中学生に助けられた闘病生活

 見つかったのは、ステージ1の中咽頭がん。高い確率で改善する段階ではあったが、その治療にはつらさとの闘いが待っていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)