映画監督がパワハラを犯した過去を告白「人格を否定するような罵倒をしていました」

映画監督がパワハラを犯した過去を告白「人格を否定するような罵倒をしていました」

古澤健監督

「私が過去、犯してしまったパワーハラスメントについて取材してくれませんか」

古澤健監督から異例の申し出があった。「話の流れ次第では批判的な記事にする」という条件で、自分は古澤監督への取材を受け入れた。

古澤健監督といえば、橋本愛や武井咲など、人気俳優の主演映画を手がけてきた監督だ。それほどメジャーな現場でハラスメント被害があったこと、しかも、加害者からの告白があったこと、いずれも驚きだった。

正直、加害者側が自らの罪を告白することに対し、「保身」「自己弁護」と捉える向きはあるだろう。この記事自体が被害者への二次加害になるかもしれないし、そう思う読者を自分は否定できない。

それでもこの記事を書いたのは、商業映画の第一線で活躍している監督が、ハラスメントの行われた状況を詳しく語った事例はあまりにも少ないからだ。2022年に入り、毎日のように問題が発覚している映像業界。その現場で何が起きているのか。対話から見えてきたハラスメントの引き金は「個人の資質」「過酷な労働環境」「問題への無知」の3つだった。

◆パワハラを告白する理由

――日本映画界では今年に入ってから、監督、俳優、プロデューサーたちのハラスメント、性的搾取が次々に告発されてきました。そのような中、なぜご自分から、ハラスメントの告白をしたいと思われたのでしょう?

古澤健監督(以下、古澤):僕は日本映画に関わるものの一人として、制作現場からハラスメントをなくしたいと思ってきました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)