AKB48新チームBキャプテン浅井七海は「お母さんみたい」

AKB48新チームBキャプテン浅井七海は「お母さんみたい」

AKB48新チームBキャプテン浅井七海は「お母さんみたい」の画像

4月29日、東京・秋葉原にあるAKB48劇場でAKB48 浅井チームBが「アイドルの夜明け」公演の初日を迎え、公演前にゲネプロと囲み取材が行われた。

 AKB48は2021年12月に4年ぶりにチームの組閣が発表され、その実施とともに各チームの劇場公演は新たなセットリストに。4月19日の倉野尾チーム4、25日の田口チームKに次ぐ3チーム目の新公演お披露目となった浅井チームBの初日の舞台には、浅井七海、石綿星南、稲垣香織、大盛真歩、坂口渚沙、佐藤美波、徳永羚海、左伴彩佳が出演した。

◆さまざまな表情で魅せる浅井チームBの「アイドルの夜明け」公演

 公演はマーチング調のイントロから始まる「アイドルの夜明け」で幕を開けると、テンション高く観客を盛り上げる「みなさんもご一緒に」、切なさを爽やかに歌った「春一番が吹く頃」、特攻服の衣装が特徴の「拳の正義」と続く。

 また、ユニットパートでは、稲垣・坂口・徳永が「残念少女」、石綿・大盛・左伴が「口移しのチョコレート」、浅井・佐藤・徳永が「片思いの対角線」を披露。「天国野郎」では石綿・稲垣・大盛・左伴が賑やかにステージ上をところせましと駆け回り、「愛しきナターシャ」では浅井・坂口・佐藤がクールなパフォーマンスを魅せた。

 そして、本編ラストは「タンポポの決心」を凛と歌い上げ、アンコールの「B Stars」「横須賀カーブ」では勢いのあるパフォーマンスを見せて再び客席を盛り上げていった浅井チームBの初日メンバーたち。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)