ゴルフの正しいアライメントの取り方は「目標を空中に描く」/三觜喜一

ゴルフの正しいアライメントの取り方は「目標を空中に描く」/三觜喜一

三觜喜一氏(日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級)

―[誰も知らなかったゴルフの真実]―

 教える側の経験則や主観で語られてきた既存の指導法とは一線を画す論理的なレッスンで、YouTubeチャンネル登録者数38万人とゴルファーから絶大な人気を誇るティーチングプロの三觜喜一氏。「自身の集大成」と位置付けるゴルフレッスン本『誰も知らなかったゴルフの教科書』が発売された。そんな彼が『週刊SPA!』で1年半に渡って繰り広げてきた“誌上レッスン”をここに公開!

◆Lesson33 これさえできればもうズレない! 正しいアライメントをマスター

 前回に引き続き、ぜひとも脳を書き換えてほしいのが「正しいアライメント」の取り方。前回はアドレスがズレる理由について解説しましたが、今回はいよいよ正しいアライメントについて詳しく説明します。

 繰り返しになりますが、正しいアライメント(アドレス時の体の向き)とは、ターゲットに対してスクエアに構えることではなく、「自分が打とうとイメージしているショットの弾道や球筋に対してスクエアに構える」ことです。

◆「スパットを空中に描く」が正解

 通常のショットはパットのようにボールが地面を這って転がるのではなく、打ち出しから角度がついて空中を飛んでいきます。この「地面に描いたボールと目標を結ぶライン」と「実際の飛球ライン」のズレが、狙った目標へとボールを飛ばせない大きな要因。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)