ジャニーズWESTが躍動。ドームに対する熱い想い

ジャニーズWESTが躍動。ドームに対する熱い想い

ジャニーズWESTが躍動。ドームに対する熱い想いの画像

5月1日、グループ結成8周年を迎えたジャニーズWESTがライブツアー『Mixed Juice』の神奈川公演をぴあアリーナMMで開催した。今回は、彼らのデビュー8周年にリリースした8枚目のアルバム『Mixed Juice』を引っ提げ、全国8都市を回るツアーだ。色鮮やかなステージのセットは、ミックスジュース工場をイメージした。

◆ジャンル豊かな楽曲で観客を魅了

 オープニングでは、工場の中からメンバーの7人(中間淳太・神山智洋・藤井流星・重岡大毅・小瀧望・濱田崇裕・桐山照史)が登場。「ライブに熱い男たち、ジャニーズWESTです。今日は溜まったもの全部出して、俺らと一緒に楽しもうぜ、よろしく!」と、小瀧が呼かける。続いて、重岡が「しょっぱなから行くぜ〜!」と煽る。ジャニーズWESTのライブでは初導入となるムービングステージで、メンバーたちが躍動していた。

 関西グループらしい楽曲もありながら、バンド演奏を背にスタンドマイクを使ったロックなボーカルが魅力の『努力賞』や、メンバーが楽器を演奏してアコースティックアレンジした『涙腺』など、雰囲気の違う楽曲で観客を魅了する。

 ほかにも、神山が振り付けを担当した楽曲『微笑み一つ咲かせましょう』では、サビの「あいしてる」「またあしたね」など手話を取り入れている。事前に公開されていた振り付け映像で覚えてきたファンとともに、声援を送れない状況でも会場をひとつにまとめた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)