キャバ嬢に本気で恋をした36歳男性の末路。一度のキスで舞い上がってしまい…

しかし、当然、ライバルは多く、ほかの男性に勝つにはある程度の財力を持ち、彼女への投資をすることは必要ではあります。

◆期間を区切って、戦略的に動く

 何年もかけて口説くのはおすすめできず、6か月以内に進展させるのがポイントになっていきます。この6か月で恋愛に発展させるために、とるべき戦略は「嫉妬をさせる」ということ。

 自分のことを絶対に好きだと思っている状態だとなかなか恋愛に進展せずお客さまからは抜け出せません。適度のほかのお店の女の子とも仲良くすることで嫉妬心をくすぐることができます。

 また、6か月だけは惜しみなく彼女の顔を立てるためのお金は使うことも大切です。お誕生日だけでなく、必ず来店したらドリンクをあげたり、ボトルを入れたり……少しでもケチるとライバルに負けてしまいます。

◆彼女への思いはそのままに婚活へ

 最後はプライベートで会うこと。プライベート風でなんとなくお店に行くのはNGです! 完全にお店がお休みのときに会ったりすることで進展させましょう。

 ケンタロウさんは残念ながら3年もの月日でしっかりとお客さまとして泳がされているようでした。が、本人はまったく気がついておらず、いつか彼女と付き合えるのでは……と期待をしているようでした。

関連記事(外部サイト)