若月佑美が考える72時間の使い方

若月佑美が考える72時間の使い方

若月佑美が考える72時間の使い方の画像

“病の写真家”と称される放射線技師の活躍を描いた映画『劇場版ラジエーションハウス』が、公開中だ。この作品はドラマとして、2019年にシーズン1、2021年にシーズン2が放送され、今回は待望の映画化となった。

そんな“チームラジハ”の集大成となる映画版に出演しているのが、女優の若月佑美。若月は、交通事故に遭ってしまう出産間近の妊婦・高橋夏希を演じる。人の生死を分ける“72時間”という壁と戦いながら、目の前の命と向き合い奮闘する医療従事者たち。その撮影現場で彼女が感じたことや、若月流の72時間(3日間)の過ごし方などを聞いた。

◆みなさんの仲の良さに驚きました

――ドラマ版のシーズン1、2を経て、主演の窪田正孝さんや本田翼さんを中心にレギュラーキャスト陣の一体感を感じる作品。今回、劇場版に参加されていかがでしたか?

若月佑美(以下若月):今回、私はゲスト出演でしたけど、現場でキャストのみなさんの仲の良さに驚きました。カメラが回っていないところでもあれだけ会話をしていると、お芝居でも目を合わせるだけで、お互いが何をしたいというのがわかるんだろうなと思って、羨ましく思いましたね。

 ドラマも素晴らしい作品で、チームとしても出来上がっている現場に参加させてもらうということで、最初はすごくドキドキして緊張して行きました。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)