大物俳優の主演作が並ぶ春ドラマ。テレビマンたちの高評価を得たのは意外な作品

大物俳優の主演作が並ぶ春ドラマ。テレビマンたちの高評価を得たのは意外な作品

※写真はイメージです(Photo by Adobe Stock)

◆テレビマンたちがおススメする、今からでも見るべき“春ドラマ”

 前クールの冬ドラマは、大ヒットマンガを原作にした『ミステリと言う勿れ』(フジ系)や固定ファンの多い日曜劇場枠の『DCU』(TBS系)、ネット上での考察が盛り上がった『真犯人フラグ』(日テレ系)が高視聴率をマークしたが、その他のドラマは視聴率や話題性の面で伸び悩む形で終了。

 そんななか、例年各局が力を入れている4月クールの春ドラマが放送開始。綾瀬はるかと大泉洋が出演する月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジ系、月曜午後9時〜)、山下智久が主演を務める『正直不動産』(NHK、火曜午後10時〜)、木村拓哉が約2年ぶりにドラマ主演に挑む『未来への10カウント』(テレビ朝日系、木曜午後9時〜)、二宮和也と多部未華子が夫婦役を演じる『マイファミリー』(TBS系、日曜午後9時〜)といった豪華な俳優陣を起用したドラマがズラリと並び、久しぶりに話題を集めている。

 そんな春ドラマを業界関係者たちはどう見ているのか? 序盤の放送を終えた時点で彼らが注目している「今からでも見るべき作品」を聞いてみた。

◆二宮和也と多部未華子の演技力で見せる『マイファミリー』

 まずは、キー局で深夜ドラマなどを手掛けてきた40代プロデューサー・A氏に話を聞いた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)