近代の宿痾、「陰謀論」の真の害悪とは?<著述家・菅野完氏>

近代の宿痾、「陰謀論」の真の害悪とは?<著述家・菅野完氏>

写真はイメージです

◆急拡大し、過激化した反ワクチン団体

 警視庁公安部は去る4月9日、東京都港区白金にある「神真都(やまと)Q」なる団体の本部や団体幹部の自宅など関係先数軒を家宅捜査した。同団体メンバー男女四人が、都内の幼児向けワクチン接種会場に不法侵入し現行犯逮捕された事件を受けての捜査だ。公安部は事件に組織的関与があったとして調べを進めている。

「神真都Q」は昨年末ごろから「トランプ大統領から公認されたQである」と自称し、「コロナは詐欺」「ワクチンは人殺し」などと叫びながら各地でデモや集会を繰り返すようになった団体で、本年3月ごろからは「ワクチン接種を推進する医療関係者は処刑する」「警察や政治家はDS(ディープステート)の回し者だから処刑する」などと主張が過激化していた。通常の刑事事件捜査としてではなく、わざわざ公安部が出張ってくることも無理はなかろう。

 注目すべきはこの団体の急拡大ぶりだ。当初は珍妙な陰謀論≠ネット上で交換しあっていたに過ぎなかった彼らが「神真都Q」と名乗りだし団体の様相をとり始めたのは、昨年11月末のことに過ぎない。デモも昨年12月が初めてのことだった。それからわずか5ヶ月弱で、この団体は北海道から沖縄まですべての都道府県の県庁所在地でデモを隔週頻度で開催する規模までに育っている。参議院選挙でさえ合区で行われる鳥取と島根でも、それぞれ別個のデモを開催しているのだから、その急拡大ぶりと規模の大きさが窺えよう。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)