16歳東大合格男と9浪早大合格男の共通点は「劣等感を武器に変えたこと」

16歳東大合格男と9浪早大合格男の共通点は「劣等感を武器に変えたこと」

9浪ポーズを決める9浪はまい(左)と、筆者カリス

◆劣等感は克服できるものではない

 コンプレックスをずっと引きずった挙げ句、自己評価が下がってしまい、憂鬱になったり、卑屈になったり、以下のように前に進めない人は多い。

●どうせ低学歴だから、自分に期待ができない
●どのみち低収入だから、幸せになれない
●しょせん低身長だから、自信が持てない
●とにかくコミュ障だから、人と話すのが怖い
●結局兄みたいに運動神経が良くないから、運動が嫌い

 なかなか克服できないコンプレックスが原因で、承認欲求に振り回されたり、他人を攻撃してストレスを発散してしまったりする人も多いだろう。

 しかしコンプレックスというのは、そもそも「ない物ねだり」であるので、基本的には克服できない。身体的・精神的制限や生い立ち、差別経験などはそもそも克服が不可能に近いし、学歴や収入なども簡単には変えられない。

 もし克服が簡単であれば、コンプレックスはとっくになくなっているはず。長くこじらせている人だけが後から気づくものがコンプレックスなのだ。

 だからコンプレックスは克服する代わりに、武器に変えて利用するのが得策であろう。

劣等感の解消法1:強みとして捉えて、良い面を利用する
劣等感の解消法2:弱みとして受け入れて、別の強みへの足掛かりにする

 本稿では、テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)