25歳の“ギャル校長”が誕生、『egg』は「学校みたいなものでした」

25歳の“ギャル校長”が誕生、『egg』は「学校みたいなものでした」

元『egg』編集長の赤荻瞳さん(25歳)

今までにない“ギャル校長”が誕生する??。今年3月まで約4年間にわたって『egg』編集長を務めてきた株式会社エムアールエー代表取締役社長の赤荻瞳さん(25歳)。当時21歳の若さで編集長に就任し、休刊中だった雑誌をWebで復刊させたことが大きな話題を呼んだが、今後は新設される学校で校長になるのだとか。

 2023年4月28日(シブヤの日)、渋谷のキャットストリートに「渋谷女子インターナショナルスクール」が開校予定。とはいえ、赤荻さんは次のステージとして、なぜ学校の校長を選んだのか。じつは、『egg』編集長時代に“校長”意識が芽生えるきっかけがあったという。

 今回は、渋谷で若者カルチャーを生み出し続ける、Z世代のカリスマ“ギャル校長”の新たな挑戦に迫る!

◆根底にある想い「渋谷に恩返しがしたい」

 まずは、赤荻さんが2018年に21歳で『egg』編集長に就任するまでの道のりを振り返る。

「幼少期からマインドがギャルだったんですよね。オシャレに興味があって、誰よりも目立ちたかった。小学校4年か5年のときに雑誌『egg』の存在を知って、“自分はギャルなんだ”って気づいた。それで、めっちゃ渋谷に行ってみたいと思ったんです」

 母親に連れられて渋谷に来てみると、すぐに直感した。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)