埼玉に住むクルド人高校生の目線で描く、難民申請者の今

埼玉に住むクルド人高校生の目線で描く、難民申請者の今

??2022「マイスモールランド」製作委員会

日本に住むクルド人家族を描き、第72回ベルリン国際映画祭からアムネスティ国際映画賞スペシャル・メンション(特別表彰)を授与された映画『マイスモールランド』が公開されています。トルコ、シリア、イラク、イランなどにまたがって暮らし、「国家を持たない世界最大の民族」と呼ばれるクルド人の数は約3500万人。そして、差別や迫害を受けたことから、難民認定を求めて来日し、埼玉にあるコミュニティに暮らす人たちは2000人ほどいます。今回は、彼らに取材し、脚本・監督を担当した川和田恵真監督に作品制作の経緯や撮影の過程で感じたことなどについてお話を聞きました。

[あらすじ]
17歳のサーリャ(嵐莉菜)は、生活していた地を逃れて来日した父、妹、弟とともに、幼い頃から日本で育ったクルド人。学校の先生になる夢を持ちながら埼玉の高校に通い、親友と呼べる友達もいる。「クルド人としての誇りを失わないように」そんな父の願いに反して、サーリャたちは、日本の同世代の少年少女と同様に“日本人らしく”育っていた。

進学のため家族に内緒ではじめたバイト先で、サーリャは東京の高校に通う聡太(奥平大兼)と出会い、初めて自分の生い立ちを話す。そんなある日、サーリャたち家族に難民申請が不認定となり、父・マズルムが、入管の施設に収容されたとの知らせが入る……。

◆「書き手になりたい」から映画の道へ

――文学部に進学していますが、幼少の頃から映画監督になりたいと思っていたのでしょうか。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)