日本のメディアは何に恐れ、萎縮しているのか?<著述家・菅野完氏>

日本のメディアは何に恐れ、萎縮しているのか?<著述家・菅野完氏>

写真はイメージです

◆萎縮の成れの果て

 戦中の日本の新聞といえば、伏せ字や空白だらけだったことが特徴だろう。

 満州事変前後から新聞に対する弾圧は加速し、真珠湾攻撃以降、朝日・毎日などの大新聞は、ほとんど政府の代弁機関に成り下がってしまった。新聞への弾圧を合法化≠オていたのは、治安維持法と新聞紙法の二法。特に後者は事細かく「記述禁止事項」を規定しており、少しでも違反すると新聞は発売停止に処せられた。紙面に溢れる伏せ字や空白は、それを避けるために新聞社が重ねた工夫の産物だった。さらには当時の世論にささえられた民間の右翼団体などが、気に食わない記事が掲載されるやいなや、新聞の広告主に「あんな新聞に広告を載せるのか」と捩じ込み広告を取り下げさせたり、一般市民を煽って不買同盟を形成したりして、新聞社を経済的に追い詰めることが頻発していた。

 戦後、読売新聞の「編集手帳」の名コラムニストとして名を馳せることとなる高木健夫は、戦中の新聞社内の様子をこう回想している。

 「報道差し止め・禁止が毎日何通もあり、新聞社の整理部では机の前に針金をはって、差し止め通達をそこに吊るすようにしていた。この吊るされた紙がすぐいっぱいになり、何が禁止なのか覚えるだけでも大変。頭が混乱してきた。禁止、禁止で何も書けない状態になった」

 当時の新聞は書けること・書くべきことを書く≠謔閧焉A書いてはいけないことをいかにして書かないか≠ノ神経を使うようになってしまったのだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)