ポケモンGO、STEPN、トリマ。競争が激化するウォーキングアプリ最前線

ポケモンGO、STEPN、トリマ。競争が激化するウォーキングアプリ最前線

ウォーキングアプリ競争激化

ポケモンGO、STEPN、トリマ。競争が激化するウォーキングアプリ最前線

2022年上半期に大きな注目を集めた『STEPN』公式サイト

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

ウォーキングアプリの現在地

 コロナ禍も少し落ち着き、運動不足解消のためにウォーキングを再び始めようと思っている人も多いのではないでしょうか。現在、歩くことをメインにしたスマホアプリは、位置情報ゲーム系、仮想通貨を稼ぐ「Move to Earn」系、各種ポイントが入手できる「ポイ活」系の3つに大まかに分けられます。それぞれの代表的なアプリと今後の展望をチェックしていきましょう。

◆『ポケモンGO』は頭打ち?位置情報ゲーム系

 GPSデータを使った位置情報ゲームでは、2016年7月から始まった『ポケモンGO』がいまだ全世界で圧倒的な人気を誇っています。コロナ禍でもその勢いは衰えず、世界中どこでもレイドバトルに参加できるリモートレイドパスの効果もあり、2021年には過去最高の1.2億ドルを売り上げたという調査データも出ています。しかしながら、ここからさらに収益を拡大するのはやや難しいかもしれません。

 というのもサービス開始当初は初代『ポケットモンスター赤・緑』のポケモンのみでしたが、徐々に各世代のポケモンが解禁され、現在は本編直近2作の『サン・ムーン』と『ソード・シールド』のポケモンもある程度実装されている状況。過去のポケモン資産を使い切りつつあります。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)