獄中で見た性犯罪者たちの異常な素顔。刑務所での更生に期待できないワケ

獄中で見た性犯罪者たちの異常な素顔。刑務所での更生に期待できないワケ

獄中で犯罪知識が深まる事も

獄中で見た性犯罪者たちの異常な素顔。刑務所での更生に期待できないワケ

反省していない囚人たちは、自身の犯罪を自慢げに語っていたという

(※編集部注 この記事は特定の心的外傷を刺激する可能性があります。ご注意下さい)

◆性犯罪者90人をインタビューして把握した、彼らの共通行動

 地方刑務所でのPrisoner氏の同期には、名の知れた元性犯罪者もいた。当時20歳の女性の自宅に侵入し、性的暴行を加えたA。そして女子中学生を数十回にわたり盗撮したBだ。

「彼らのパターンは大体同じ。まず、ターゲットをストーキングして、生活圏をくまなく調べることから始める。そうして家の鍵を手に入れ、1年ほどかけて盗撮など盗聴をし、本人がいない時に家に忍び込んで下着などを拝借するんです。Aもそうでした」

 ほか、睡眠時間を削ってまで1日何軒というノルマを決めて住宅街を周り、ポストに鍵が入っているか確認する、ドアノブを回してみるなど、「地道な努力」を惜しまないのだという。

「知能犯は、犯行までの間をなるべく長く引き伸ばして楽しむ。バードウオッチングをするかのようなノリで、女性の観察を楽しんでいるんです。たとえばAは一人暮らしの女性の家の鍵を10個ほど持っていて、被害者の手帳を見てスケジュールを把握していた。

 そして被害者のアルバイト先に赴き、働く姿を見ながら被害者の下着を使って物陰で自慰をし、汚した下着は被害者宅に戻って洗濯機に入れていた。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)