性犯罪事件の「難しさ」。加害者は“知人”が多い、“性的同意”の認識にズレも

性犯罪事件の「難しさ」。加害者は“知人”が多い、“性的同意”の認識にズレも

※写真はイメージです

いまや世界的にも大きな社会的問題に発展している性犯罪。国内でも映画業界をはじめ、告発が相次いだ。被害状況が明らかになったことで、必要な施策の検討や相談体制の拡充などが急がれている。

 今回は、20年以上にわたり日本の性犯罪に関する取材を続けるノンフィクションライターで、『ルポ性暴力』(鉄人社)の著者である諸岡宏樹氏に、性犯罪事件を取り巻く実態などを語ってもらった。

◆性犯罪事件の「その後」に迫る

――2018年の『男と女の性犯罪実録調査』(鉄人文庫)は『週刊実話』(日本ジャーナル出版)の同名タイトルの連載を文庫化し、新旧の男と女の性にまつわる事件を収録した本でしたが、本書もインパクトのあるタイトルですね。

諸岡:ちょうど本書の原稿を書き終えたくらいから映画業界などの問題が噴出し、タイミングがあまりに良すぎるタイトルになりました。今回は言わば『男と女の性犯罪実録調査』スペシャル版のようなかたちで、過去に取り上げた事件の“その後”を徹底的に取材して掘り下げた内容です。

 性犯罪は再犯率も高いので、より長い時間軸でルポできないかとずっと構想していて、昨年、追加で取材した15の事件から10本を選んでまとめました。性犯罪の取材は非常に難しく、うまくいかないことも少なくありません。今回はうまくいった取材が多かったと手応えを感じています。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)