照英48歳、疲れないカラダの秘密「ステーキは我慢しないが8時間は寝る」

照英48歳、疲れないカラダの秘密「ステーキは我慢しないが8時間は寝る」

照英氏

巷に流布される「体にいいこと」を試してみたけれど、たまった疲れはまったく取れない。正しいと信じていた習慣が、実は効果ゼロなんてことも……。今、間違いだらけの習慣を総点検し、疲れない体になろう!

◆自分をかわいがることで健康の境界線がわかる!

 テレビで高い身体能力を見せ、健康的なイメージが強い照英氏も今年で48歳。体の変化を感じているという。

「40歳頃から、体質や筋線維の変化を感じています。トレーニングしても筋肉がつきづらいし、疲れが取れない。45歳のときにベンチプレスをガンガンやったら脇腹をケガして動けなくなりましたからね。この年になると、やりすぎは絶対ダメですよ」

◆好きなものを食べ飲み、最低8時間は寝ています

 ただ、食事は豪快そのもの。

「好物を控えることでストレスをためたくないので、唐揚げ、フライドポテト、ハンバーガー、ステーキは我慢しない。コーラなどの炭酸飲料も飲むし、ビールも飲む。もちろん、食べた分は運動して消費するというルールは守っていますよ」

 エネルギーを大量摂取して大量消費する生活は肉体への負荷が高そう。そんな自分へのいたわりなのか、睡眠時間の確保に関心が向いている。

「45歳から最低8時間は寝るようにしていて、今では21時に寝て朝5時に起きる生活です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)