円安で新型iPhoneは20万円超!? 今後も円安は続くのか専門家に聞いた結果は

円安で新型iPhoneは20万円超!? 今後も円安は続くのか専門家に聞いた結果は

円安で新型iPhoneも値上げ必至。上位機種は20万円を超えるかも?

円安時代の「外貨建て資産」戦略。円安が進むにつれて外貨建てで資産を持ちたい人が増えている。外貨投資について専門家を取材した。

◆円安で稼ぐなら「低レバFX」。1ドル=140円も

「円安が進み、秋の新型iPhoneも値上げ必至。上位機種は20万円を超えるかもしれません。円安から生活を守るためにも、資産の一部を外貨に変える必要があります」

 そう解説するのは元シティバンクの為替ディーラー・西原宏一氏だ。彼の見立てによれば円安は今後も続くという。

「日本は外貨を稼ぐ手段を失っているからです。スマホでは中国、韓国に敗れ、自動車もかつての勢いはない。一方で原油や穀物などの資源を海外から買わざるを得ないため貿易赤字はふくらむ。円安になりやすい経済構造です」

 今年に入って1ドル115円から137円に円安は進行。さらに加速する可能性もある。

「米ドル/円はアベノミクスで50%上がりましたが、今年の円安はまだ19%程度。アメリカが金融政策の引き締めを強化する9月あたりから円安が再燃し、年末には140円へと向かうのではないか。それに備えて今から米ドルを買っておくのが上策でしょう」

◆外貨預金の毎月積み立て

 手軽に外貨を買うには、外貨預金の毎月積み立てもある。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)