ウクライナの親日派“ロックの女王”「音楽は常に私たちの救い。夢をあきらめない!」

ウクライナの親日派“ロックの女王”「音楽は常に私たちの救い。夢をあきらめない!」

ウクライナの親日派“ロックの女王”「音楽は常に私たちの救い。夢をあきらめない!」の画像

「コンニチワー」。戦時下のウクライナ首都キーウ。指定のカフェに現れた、長身で黒髪のモデルのような女性は、スパイクだらけの革ジャンとは裏腹に、気さくに日本語で挨拶してきた――。彼女の名はダリア・ザリツカヤ。ウクライナ国内外で人気のバンド「シェーシェン&ザリツカヤ」のボーカルだ。

 ワイルドなシャウトが持ち味の彼女は、相棒の凄腕ギタリスト、セルゲイ・シェーシェンとともに、ボン・ジョヴィやホワイトスネイク、AC/DCなど、往年のハードロックやへヴィメタルのカバー動画をYouTubeで公開。再生数はそれぞれ数百万回を超え、中には1700万回を超えるものもあるなど人気を博している。ザリツカヤとシェーシェンは現在もキーウに残り、オリジナル曲を制作中だ。戦争の中でも音楽を続けようとする二人の思いを、戦場ジャーナリストの志葉玲が聞いた。

◆戦争下のキーウで発信を続けるロックバンド

 戦争はあらゆることを困難にする。生きること、生活することはもちろん、音楽も例外ではない。奇しくも、ロシアのウラジミール・プーチン大統領が「特別軍事作戦」なるウクライナへの戦争を開始した今年2月24日、ザリツカヤらはダイアナ・ロスの曲「Upside Down」のカバー動画を、自身のYouTubeチャンネルで公開する予定だった。

 しかし開戦の報を受け、ザリツカヤは自身のインスタグラムで「今はいいタイミングではない」と動画の公開延期を告げた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)