「絶望犯罪」が増える冷たい世の中で、弱者が生き残る術/だめ連

「絶望犯罪」が増える冷たい世の中で、弱者が生き残る術/だめ連

だめ連の神長恒一とぺぺ長谷川(写真右)

ロシアによるウクライナ侵攻など、国家間の戦争が重い問題として浮上している。一方で、日常生活の世界でも大阪の心療内科への放火や京王線の「ジョーカー」事件など、周囲を巻き込んで図る「拡大自殺」とでもいうべき事件も発生する昨今。世の中、どうしてあまりにも暗くしんどいのか、どう打開できるのか? 90年代以降、社会でよしとされる価値から距離を置く生き方を模索してきた「だめ連」の2人が、トークの中から考える。

◆「絶望犯罪」が生まれる背景とは

ぺぺ:ちょっと前の「SPA!」の特集が、「会社がツライ」。内容はグチのオンパレードなんだけど、とにかく辛すぎる、と。産業カウンセラーが「ここは我慢してください」とかいろいろと言っているわけだけど、もうもろもろがリミットに来ている。ただ首を括るか、なんかやらかすか、ということになっている。

神長:自殺する人もいれば、「拡大自殺」で周りを巻き込む事件も起きている。行き詰まって、生活が立ち行かなくなるのが、犯罪の背景にはある。「絶望犯罪」とでもいうべき犯罪。仕事もうまくいかない、つけない、展望がなくなる。借金があることだってある。やっぱり生活保護が重要。生活保護を取りやすくして、なおかつバッシングされないようにする必要がある。競争からこぼれ落ちる人は絶対にいるから。

ぺぺ:新自由主義的な経済システムの崩壊というのはあるはずだけど、決定的なのは、大阪の心療内科に放火した事件、あの犯人が生活保護を断られていた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)