美人アスリートとデート気分も!? マニアックすぎる競歩観戦の魅力

美人アスリートとデート気分も!? マニアックすぎる競歩観戦の魅力

東京五輪出場最右翼の岡田久美子選手は、圧倒的なチカラで女子一般の部で優勝。大会記録も樹立

〜今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第68回〜

 フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

「そうだ、競歩に行こう」

 思い立ったが吉日というか元日。いよいよ東京五輪・パラリンピックが来年に迫るなか、新年の物見遊山は競歩からスタートします。東京五輪・パラリンピックの現地観戦を狙うにあたり、競歩というのはひとつ狙い目の種目です。公道を走る屋外種目、しかもチケット価格は「タダ」。同じく公道を走るマラソンでは有料席が用意されるのに、競歩はチケット販売皆無の完全タダ種目。大事なのでもう一回言いますが、競歩はお金を払いたくても払えない「完全タダ種目」なのです。

 だもんで、近くにめぼしい競歩の大会がきたら本稿でレポートを……と思って数年経つのですが、一向に競歩は来やがりません。

 実は日本における競歩の中心地は石川県でして、50kmの日本選手権は毎年4月に石川県輪島市で開催されています。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)