Kis-My-Ft2がライブに込めた「10年分の感謝」

Kis-My-Ft2がライブに込めた「10年分の感謝」

Kis-My-Ft2がライブに込めた「10年分の感謝」の画像

アイドルグループ・Kis-My-Ft2(以下キスマイ)が2日、全国5大ドームツアー「Kis-My-Ftに逢える de Show 2022 in DOME」の東京ドーム公演を開催した。

 今回のツアーは、デビュー10周年を記念して、デビュー前にジャニー喜多川氏が名付けたというライブツアー「Kis-My-Ftに逢える de Show」を再題。デビュー曲から最新曲まで全36曲に、キスマイ10年間の軌跡とファンへの感謝が込められていた。

◆花言葉「感謝」の花が散りばめられたステージ

 メインステージにはカーネーションやカモミール、フリージアなど13種類の「感謝」の花言葉がある花が散りばめられた。そのステージに、ゆっくりとキスマイの7人(横尾渉、藤ヶ谷太輔、北山宏光、玉森裕太、二階堂高嗣、千賀健永、宮田俊哉)が登場。オープニングは、ファンへの気持ちが込められた楽曲「Re:」と「A10TION」を披露した。

 続いて、デビューシングル「Everybody Go」のイントロが流れると会場のペンライトが大きく揺れ、手拍子が会場中に鳴り響く。北山が「HEY! 東京ドーム! 準備は大丈夫ですか?」と叫ぶと、宮田も「おかえりなさいませ、お姫様! みんなが持っているペンライトで俺たちに気持ちをぶつけてこい! 最後までよろしく」と呼びかけた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)