「ウクライナ侵攻」が加速させた、世界の分断と先鋭化

「ウクライナ侵攻」が加速させた、世界の分断と先鋭化

「ウクライナ侵攻」が加速させた、世界の分断と先鋭化の画像

◆ウクライナ侵攻を契機に分断が加速した世界

 ウクライナ侵攻は、先進国=グローバルノース(欧米プラス日本、韓国)と発展途上国=グローバルサウスの対立でもあると、先日上梓したばかりの新刊『ウクライナ侵攻と情報戦』に書いた。 

 そんな中、2022年7月6日、スリランカが破産を宣言した。このことは、懸念していたグローバルノースとグローバルサウスの対立が深刻さを増していることを意味している。

 ワシントンポストの記事によると、スリランカの経済状態はもともと悪化しており、時間の問題だったが、ウクライナ侵攻によって崩壊が加速したという。

 また、OXFAMのレポートでも、多数の国民が飢餓に苦しんでいるソマリア、エチオピア、ケニアなどでも、ウクライナ侵攻などの危機によって状況がさらに悪化しているという。

 同記事ではグローバルノースはウクライナに肩入れする一方で、貧困国への支援を後退させており、それがさらに問題を深刻にしていると指摘している。我が国を見てもウクライナからの難民への対応はよいが、それ以外の国からの難民にはそこまでよい対応ではない。相手国への支援も同様だ。

◆グローバルノースが選んだ選択肢

 ただ、助けようにも資源や資金には限りがある。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)