この夏狙うべき「穴ジョッキー3人衆」を騎手分析の第一人者が解説

この夏狙うべき「穴ジョッキー3人衆」を騎手分析の第一人者が解説

丹内騎手の“確変突入”を見逃すな!

◆この夏狙うべき3人の「穴ジョッキー」

 宝塚記念も終わり、いよいよ夏競馬が本格的にスタート。G1レースの開催はしばらくお預けとなりますが、むしろ一攫千金を目指すファンにとっては楽しみな季節がやってきました。

 楽しみの理由はもちろん、荒れるからです。夏競馬は大半がローカル開催。小回りのトリッキーなコースで行われる上に重賞レースはハンデ戦も多く、能力通り決まらないこともしばしば。早速、先週のプロキオンSでは3連単71万馬券が飛び出しました。

 というわけで今回は、夏のローカル競馬において穴で狙いたい「夏の穴男」と題して、厳選した3人のジョッキーをご紹介したいと思います。

◆積極策&イン突きで穴連発!角田大和騎手

 まずご紹介する1人目の夏の穴ジョッキーは、角田大和騎手。

 角田大和騎手は現在2年目の20歳。ダービージョッキーでもある角田晃一騎手の息子としても注目を集めましたが、今年は弟の角田大河騎手がいきなり2連勝デビューを果たしたことで話題に。その弟の活躍に刺激を受けたのか、兄・角田大和騎手も今年に入って勝ち星を量産しつつあり、既にデビュー年の20勝を上回る23勝を挙げる活躍を見せています。

 そんな角田大和騎手の騎乗スタイルは非常にわかりやすく、積極的に前に行って粘り込む逃げ先行系。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)