馬力だけじゃない!普通のレヴォーグと特別なレヴォーグの違い

馬力だけじゃない!普通のレヴォーグと特別なレヴォーグの違い

レヴォーグSTI Sport R

◆275馬力の“R”付きレヴォーグ

スバルのレヴォーグと言えば、北米市場のニーズに応えて肥大化するレガシィの後釜として開発されたツーリングワゴン。現行は2代目で、ボディサイズは全長4755o、全幅1795o、全高1500o。もちろん立体駐車場にも入る。そんなレヴォーグに、275馬力のエンジンを搭載する上位モデル「レヴォーグSTI Sport R」が追加。その凄さを端的に表現してみました!

伊達軍曹=文 Text by Sergeant Date
阿部昌也=写真 Photographs by Abe Masaya

◆現行型レヴォーグが超絶素晴らしい

 押忍、自動車ライターの伊達軍曹である。自分は過去、さまざまな中古ガイシャを狂ったように購入してきた。だが、今から5年ほど前にスバル車に開眼し、「XV」というSUVを新車で購入。続けて、「レヴォーグSTI Sport」というステーションワゴンの新車に買い替えた。総額470万円だったが、頭金を入れたうえで残価設定ローンにしたので、月々の支払額は1万円ちょいである。

 で、この現行型レヴォーグというのが超絶素晴らしいクルマで、走りはほぼアルピナ(BMWベースの超絶上質マシン)だ。それをアルピナの半値で買えたのだから、「我が人生に一片の悔いも、ほかに欲しいクルマもなし! オレは、エリート街道を極めた!」と確信していた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)