鳥飼茜『ロマンス暴風域』で描いた男への反発「風俗に行けば純愛できるなんて」

鳥飼茜『ロマンス暴風域』で描いた男への反発「風俗に行けば純愛できるなんて」

漫画『ロマンス暴風域』原作者・鳥飼茜

漫画『ロマンス暴風域』が実写化を果たし、MBS/TBSドラマイズムにてドラマ放送がスタートした。冴えない人生を送るアラサー非モテ男子・佐藤民生が、気分転換に行った風俗で出会ったせりかに、お金や肩書など関係ない“運命の出会い”を感じ、真実の愛を探して彷徨う。原作は、男女間の価値観や性を残酷なほど克明に描く漫画家・鳥飼茜氏。「風俗は肯定しきれない」というなかで、どのように本作を描き切ったのだろうか。

――ドラマ化決定を聞いたときの率直な感想を教えてください。

 今回のドラマ化は、急に決まったんですよ。通常は随分前から話があって、長いと2〜3年かかってやっと決定したり、やっぱりダメでしたとなったり。心待ちにして叶ったというものではなかったので、棚からぼたもちでした。

――ドラマ化するにあたり、原作者として制作へのリクエストはされましたか?

 私が『ロマンス暴風域』を描くときに考えていたのが、風俗の世界という一般的に賛否両論ある場所なので、読者が偏ったイメージを持って誰かを圧迫するようなことがないようにしたいということ。だから、ドラマでも「いろんな見方があって、こんな人物もいるかもしれないよね」という一つの可能性みたいに作ってもらえたらいいなって。

 そう心の中で思っただけで、企画書に添付されていたプロットが面白かったので、直接は言ってないです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)