格安タブレット「買うべき/買ってはいけない」の選び方

格安タブレット「買うべき/買ってはいけない」の選び方

※写真はイメージです

レビューや口コミが数多溢れる昨今だからこそ、商品選びの際に貴重なのが「プロの証言」。最先端の事情に精通し、目と舌が肥えた業界関係者を魅了したアイテムとはいったい? 各界の専門家たちを直撃した!

◆用途に合わせた格安タブレットを選んで徹底的に使い倒すべし!

 家電情報誌で編集者を務める加藤千尋氏は、「タブレットは、用途によってオススメが変わってきます」と前置きしたうえで、今、買うべき格安端末を解説する。

「1位のLenovo『YOGA BOOK ZA0V0269JP』は、仕事メインの人にピッタリ。動作が軽く、ストレスなく作業ができるため、外仕事の多い私も重宝しています。また、2位のHuawei『MediaPad M3 Lite 10wp』は、製造元はゴタついて、先行きは不透明ですが、画質と音質は折り紙付き。ワンセグチューナーも搭載されているので、このタブレット一台でネットから地上波まで楽しめます」

 コストパフォーマンスでは、3位のAmazon「Fire HD 8」が群を抜いているという。

「『Fire』は、対応アプリの少ない点が徐々に改善。画質や電池持ちもバージョンアップがなされるたびに向上しているため、動画専用マシンとして考えると、コスパはかなり優秀です」

 逆に加藤氏がオススメできないのは、KEIAN「WiZ KI8-BK」とHuawei「MediaPad T3」の2つ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)