日本だけじゃない「政党カルト汚染」。その背景にあるもの

日本だけじゃない「政党カルト汚染」。その背景にあるもの

日本だけじゃない「政党カルト汚染」。その背景にあるものの画像

◆カルトに侵食されるアメリカ共和党

 2021年1月6日にアメリカで大統領選の結果に不満を持った暴徒が合衆国議会議事堂に乱入する事件が起きた。
 500人以上が訴追され、死亡者も出た大事件である(RNC votes to condemn Cheney, Kinzinger for serving on House committee investigating Jan. 6 attack on the Capitol by pro-Trump mob、Washington Post、2022年2月3日)。クーデター未遂とまで言われた暴動の中心になったのはQAnonや白人至上主義など、いわばカルトグループだった。

 そのほぼ1年後。2022年2月にさらに衝撃的な事件が起きた。アメリカ共和党全国委員会が、アメリカ合衆国議会議事堂襲撃事件を「合法的な政治的言説(legitimate political discourse)」であり、同事件を議会が調査するのは「一般市民への迫害」であると圧倒的多数で決議したのだ。言うまでもなく、共和党はアメリカ2大政党のひとつであり、多数のアメリカ市民が支持している。その政党がカルトグループなどによる暴動を「合法的」と決議したことは多数のメディアが取り上げることとなった。

 実は共和党の4人に1人はカルトグループQAnonを信じており、逆にQAnonは共和党を好意的にとらえ、民主党を否定的にとらえる傾向があったという調査結果が出ている(The Persistence of QAnon in the Post-Trump Era: An Analysis of Who Believes the Conspiracies、Public Religion Research Institute、2022年2月24日)。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)