関ジャニ∞が18周年でみせた最高のエンタテインメント

関ジャニ∞が18周年でみせた最高のエンタテインメント

関ジャニ∞が18周年でみせた最高のエンタテインメントの画像

今年の夏でデビュー18周年を迎える関ジャニ∞が、野外ライブ「18祭」を開催した。7月16、17日に神奈川「日産スタジアム」、7月23、24日に大阪「ヤンマースタジアム長居」の4日間で、累計25万4千人のファンを動員した、まさにモンスター級のお祭りだ。

 特に「日産スタジアム」でジャニーズがライブを行うのは、SMAP以来、実に16年ぶりのことだという。16日はあいにくの雨だったが、17日は打って変わって晴天に恵まれた。7万2千人のエイター(関ジャニ∞ファン)がスタジアムを埋め尽くすなか、まずは花火の打ち上げ準備をする5人の映像が流れる。
大倉の「打ち上げますか」とセリフとともにスタジアムに花火の音が鳴り響くと、高さ25メートルの上空デッキから、横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義の5人が登場した。

 そして「ここ日産スタジアムにて、18祭いざ開幕!」と丸山が開会宣言をすると、1曲目の『無責任ヒーロー』から『がむしゃら行進曲』『前向きスクリーム!』など関ジャニ∞の王道ソングを怒涛の連続披露。ムービングや複数ステージを縦横無尽に駆け回りながらノンストップで盛り上げれば、序盤から会場のボルテージは最高潮に。『CIRCLE』でのアオハル(青春)っぷりが、夕暮れの爽やかな気候にぴったりで、祭りへの期待感はどんどん高まっていく。

◆ジャニーズメドレーではらしさ全開

 続く、ジャニーズメドレーは、大倉がプロデュースするなにわ男子の「初恋LOVE」でスタート。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)