織田、徳川、武田…戦国武将が高校生に? バカバカしさもつきつめれば傑作に

織田、徳川、武田…戦国武将が高校生に? バカバカしさもつきつめれば傑作に

番組ホームページより

◆日曜の夜にはピッタリのドラマ

 7月期ドラマの中からナンバーワンを決めろと言われたら、すぐに答えるのは難しい。けれど最もバカバカしいドラマは即答できる。日本テレビの『新・信長公記〜クラスメートは戦国武将〜』(日曜午後10時半)をおいてほかにない。もっとも、貶すつもりは毛頭ない。ドラマがミステリーや感動モノ、お仕事モノ、ラブコメばかりではつまらない。とことんバカバカしいドラマがあったっていい。月曜日からの仕事や学校を控え、頭を空っぽにしたい日曜日の夜に合っている。

 ストーリーは単純明快。織田信長や徳川家康ら戦国武将のクローンたちが現代に15歳で蘇り、同じ高校内のクラスメートとなって、テッペンの座を争う。考察なんて全くないし、メッセージ性も皆無。ついでにリアリティもゼロだ。

 キャスティングもふざけている。全員15歳なのだが、徳川家康役の小澤征悦の実年齢は48歳。主人公・織田信長を演じる永瀬廉こそ23歳であるものの、伊達政宗役の三浦翔平は34歳、黒田官兵衛役の濱田岳も34歳、武田信玄役の満島真之介は33歳、井伊直政役の駿河太郎は44歳。ドラマ史上、最も老けた高校生たちが集まった。

◆視聴率は低いが話題性はバツグン

 視聴者ニーズがあるのかが気になるが、7月31日放送の第2話は世帯視聴率が5.4%。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)