中日・根尾、プロ初ノックは暴投スタート/2019プロ野球キャンプドキュメント・初日

中日・根尾、プロ初ノックは暴投スタート/2019プロ野球キャンプドキュメント・初日

中日・根尾、プロ初ノックは暴投スタート/2019プロ野球キャンプドキュメント・初日の画像

初雪が舞う1月31日、われわれ取材班は沖縄・那覇空港に向かった。今年もひと月におよぶプロ野球のキャンプが始まる。

 2月1日はプロ野球関係者にとって元旦のようなもの。真新しいユニフォームに身を包み、グラウンドに飛び出す選手たちを見ようと、初日は欲張って3球団、4か所を行脚してみた。

午前9時15分:横浜DeNAベイスターズのグランドでは、選手スタッフがお祓いを受けていた。伸び盛りの選手が多いだけに、無病息災で過ごせば2年ぶりのAクラスに返り咲くことは間違いないだろう。

午前10時50分:中日ドラゴンズのキャンプ地、北谷球場に到着。ベイスターズのキャンプ地・宜野湾から北谷までは車でわずか10分ほどの距離。レンタカーでも簡単にアクセスできる。

 球場に着くと売店には長蛇の列。昨年は新天地に移籍してきた松坂大輔の「背番号99タオル」がキャンプ2日目に完売、機会損出に泣いた反省を生かしてか今年は盤石の品揃え。故障のため2軍スタートとなった根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)のグッズが飛ぶように売れていた。

 「18は身体の一部」と表現する松坂大輔が、背番号18のユニフォーム姿で元気にアップ。今年はある程度のマイペース調整を任されている様子で、しばらくはブルペンに入らず遠投中心のメニューをこなすという。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)