携帯用扇風機での大ケガに注意。落とした数日後に爆発することも

携帯用扇風機での大ケガに注意。落とした数日後に爆発することも

携帯用扇風機での大けが注意

携帯用扇風機での大ケガに注意。落とした数日後に爆発することも

携帯用扇風機での大ケガに注意。落とした数日後に爆発することもの画像

新型コロナ第7波が襲う中、行動制限のない3年ぶりの夏が到来。だが、危ないのはコロナだけではない。この夏、生命を脅かしかねない注意すべき危機について徹底取材した。

◆手軽に涼める夏のアイテムで大ケガの恐れあり!?

 街中で目にすることが増えた携帯用扇風機。一方で、’19〜’20年で、そのバッテリーが爆発する事故が30件以上報告されている。家電評論家の鴻池賢三氏が解説する。

「原因は落下などの衝撃でリチウムイオン電池の中のセパレーターが損傷すること。さまざまな製品で用いられているリチウムイオン電池ですが、携帯用扇風機は使い方が荒くなりがち。リチウムイオン電池はエネルギーの塊で、小型で大容量になった分、危険性が増しています」

◆地面に落下した数日後に爆発することも

 地面に落下した数日後に爆発することもあり、思わぬ事故につながりやすいという。

「ひと頃よりリチウムイオン電池が安価になり、粗悪品も一部交ざっているような状況です。購入の際はメーカーを基準に選び、地面に落とさないように紐をつけるなどの工夫が鉄則。乾電池式のほうが安全性は高く、パナソニックやアイリスオーヤマの乾電池式モバイル扇風機、首かけ式ならソニーのネッククーラーなどがおすすめです」

 快適かつ安全な夏にしたい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)