仮眠するときは「コーヒーを飲んでから」。最高の睡眠をつくる1週間で“90分×35サイクル”

仮眠するときは「コーヒーを飲んでから」。最高の睡眠をつくる1週間で“90分×35サイクル”

仮眠するときは「コーヒーを飲んでから」。最高の睡眠をつくる1週間で“90分×35サイクル”の画像

猛暑と節電意識によって今年の夏は寝苦しさマックス!疲れが取れない諸兄のために、眠れるカラダをつくるメソッドを大研究。

 今回は、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードなど名門サッカークラブも導入している「90分×16」サイクルを紹介。最新の睡眠メソッドで「眠れるカラダ」をつくろう。

◆翌日のハイパフォーマンスを引き出すため「睡眠」

「アスリートも会社員も睡眠の質を上げる目的は一緒です。翌日のハイパフォーマンスを引き出すための、ハイリカバリーを得る手段なのです」

 そう説くのは、アスリートに睡眠を指導するスリープコーチの矢野達人氏だ。実は彼が指導する睡眠法は、ある世界的権威のメソッドだという。

「マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードなどの睡眠マネジメントを歴任した、ニック・リトルヘイルズさんという方がいます。僕は日本で唯一、契約を結んで彼のメソッドを伝えています」

◆睡眠時間は一日90分×何サイクル取るか

 この睡眠法で特徴的なのは、一日を90分単位で分割し、計16のサイクルの集まりとして捉えるところだ。

「なぜ90分かというと、体内時計といわれる身体が刻むリズムが90分単位だからです。睡眠はノンレム睡眠(脳を休める時間)とレム睡眠(記憶の整理や定着をする時間)というステージで構成され、それを一晩で何度か繰り返します。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)