安倍氏の国葬に反対するのは“非国民”?勝手に決めるな/倉山満

安倍氏の国葬に反対するのは“非国民”?勝手に決めるな/倉山満

自民党の茂木敏充幹事長は会見で安倍晋三元首相の「国葬」に反対する野党の主張は「国民の声とはかなりずれている」と反論したが、反対派の国民も認識がずれているということだろうか? 写真/産経新聞社

―[言論ストロングスタイル]―

◆民主主義を守ると言いながら、民主的手続きをすっ飛ばす

 もう、そっとしておいてやれと言いたいが、死者を利用して商売したい連中が後を絶たない。

 岸田文雄首相は、早々と安倍晋三元首相の国葬を決定した。時間があるのだから、もう少しゆっくり決めれば良かったと思うが……。

 外国からの弔問客が多く、対応がしやすいのと、民主主義を守る為に、国葬にするとか。しかし、これでは国民葬でも、内閣自民党合同葬でもなく、国葬にする理由にはならない。

 まさか国葬にする基準を、外国人に決めてもらうのか。別に国葬でなくても、外国からの客人への対応は今までも問題ではなかった。こちらは理由にならない。

 銃殺、しかも選挙の遊説中の政治家に対する殺人事件に対し、民主主義を守るから、あえて最高形式の国葬にする。これはわかる。だが、岸田首相は「内閣法制局と相談して決めた」「野党は議会での説明を求めているが、応じない」などの態度だ。民主主義を守ると言いながら、民主的手続きをすっ飛ばす。何を考えているのか。

◆安倍御用が故人を偲びたいなら、安倍神社でもなんでも建てれば良かろう

 生前の安倍元首相に媚びへつらっていた御用言論人の惨状は目も当てられない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)