「夏の主役は、やっぱりニジマスだった!」 “最後のTIF”に込めた想い

「夏の主役は、やっぱりニジマスだった!」 “最後のTIF”に込めた想い

26時のマスカレイド・来栖りんと一緒に、森みはるも涙をこらえていた

8月7日、3日間お台場で行われた世界最大のアイドルフェスTOKYO IDOL FESTIVAL2022(以下、TIF2022)最終日、野外メインステージのSMILE GARDENの大トリを飾るのは「26時のマスカレイド」(以下、ニジマス)だ。2019〜2021年もトリを務めたニジマスは、今年の10月30日をもって解散することを発表しているために、TIFのステージに立つのは、このステージが最後となる。

 日が落ちた20時過ぎ、HOT STAGEで行われたグランドフィナーレの裏時間にもかかわらず、SMILE GARDENの集まった超満員の観客が、最後の伝説を見ようと待機した。「26時のマスカレイド」の登場を告げるアナウンスが流れると、青のサイリウムで会場一面が包まれる。メンバーが登場すると同時に、メジャーデビュー曲「ちゅるサマ!」のイントロが流れ出した。1曲目からボルテージが上がった会場の中、続けざまにアップテンポのテンション爆上がり楽曲「妄想シンドローム」を披露して、さらに熱気を高めていった。

◆やっといつものTIFが帰ってきた!

 「妄想シンドローム」を歌い上げた直後に、リーダー・江嶋綾恵梨が「本日はTIF最終日で、大トリを務めるということで、奥の方まで詰めかけていただきありがとうございます!」と感謝を伝えると、メンバー達も見渡す限り広がったサイリウムの海原に「きれいー! やっといつものTIFが帰ってきた感じ」と超満員のメインステージの光景に、感動を覚えている様子だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)