ショーで働く女性たちが胸中を告白「テーマパークのダンサーは身長制限で断念」

ショーで働く女性たちが胸中を告白「テーマパークのダンサーは身長制限で断念」

席の真横まで接近して踊るキャストたちをあらゆる方向から拝める

昭和のネオンで輝いていたショーパブ。その灯は時代とともに消えつつあったが、令和に入って若い女性たちが再評価し始めている。今回、ショーの世界に魅了されスポットライトを浴びる彼女たちの胸の内を全力取材!

◆ダンサーのギャップに魅了される最新ショーラウンジ

 JR中野駅より居酒屋街を抜けた先に、今年3月にオープンしたショーラウンジ「雅王-GAOO-」。洗練されたダンスショーを満喫できるのはもちろん、キャストと隣席でトークもできるのも売りだという。

「テーマパークのダンサー志望だったけど身長制限があって……。ショーの世界であれば身長は関係ないので飛び込みました」

 そう語るのは小柄ながら、しなやかなダンスが魅力的なKaedeさん(29歳)だ。

「軟らかいボディが映えるセクシー系ダンスを見てほしい。他にもかっこいいヒップホップなども踊るので、そのギャップを楽しんでもらえたら」

 ダンス歴21年の経験を生かしたKaedeさんのダンスは腰つきがエロティックで大胆!

◆もっと自分だけを見てほしくて…

 色っぽい容姿とトーク力が光るKIKKOさん(26歳)も人気キャストの一人だ。

「高校を出てからはバックダンサーを目指していたけど、もっと自分だけを見てほしくてショーダンサーになりました」

 その言葉通り、憧れの倖田來未さながらの豊満ボディを生かした主張の強い踊りを披露する。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)